全身シェービングをする際の注意点

見えない部分を傷つけないための注意

腕や足といった比較的ケアのしやすい部分であれば自分でも簡単にムダ毛の処理をすることができます。
しかし見えない部分に関しては、細かなムダ毛が気になっても上手に処理をすることができず困ることがあります。

そんな中でなんとか見えない部分もしっかりと全身のムダ毛処理をしたいと思った時には十分な注意をしながら行いましょう。
エピクリームなどを使用した場合には直接的にお肌を傷つけてしまうことはありませんが、やはりデリケートな部分などはクリームの成分がお肌に合わず、炎症が起きてしまうこともあります。
そのため初めて使うときには、使用する時間を短くすることや成分がお肌に優しいものを選んでください。

強力にムダ毛を除去するという成分ばかりを意識してしまうと、その結果、お肌も痛めつけてしまうことがあります。
手の届かない部分に関しても、クリームを使用する際には、ご家族などに手伝ってもらいながらスピーディに行っていきましょう。
中でも特に肩の後ろ部分などは皮膚が比較的弱いので、クリームを使った時でも炎症が起きてしまいやすい場所です。
ですから、こういった部分に先にクリームを塗ってしまいその後他の部分にクリームを塗ってから少し時間も待つとお肌のダメージが大きくなるので、皮膚の薄い部分は後回しにした方が良いです。

シェービングには電動のシェーバーよりカミソリ?

クリームではなくシェービングをする場合には、電動のものが非常に便利だといわれています。
手が届かない背中などにもしっかり届くようなシェーバーが販売されているので、これを使っているという人もいるでしょう。
しかしこのような電動シェーバーは見えない部分を知らず知らず傷つけてしまうことがあります。
特に背中の部分は力の入れ具合が分からず、気がついたら縦縞模様に傷がついていたということもあるので注意。

出来るだけセーフティガードのついたカミソリを使用していきましょう。
まず背中を横半分に分けるような感覚で、下から手を伸ばし届く範囲でしっかりと処理をしていきます。

その後カミソリを持ち変えて今度は首の後ろから背中の上の部分をしっかりと処理していきましょう。
このような方法であれば比較的きれいに背中のムダ毛も処理することができます。

またこの際カミソリは決して横に動かさず、縦に動かすようにしてください。
セーフティーガードが付いているものでも横に動かしてしまうと傷がついてしまうことがあります。

関節部分は気をつけてゆっくりと行う

肘の部分や膝の部分、その他くるぶしの部分等に関しては手早く行うのではなく、時間をかけながらゆっくりとシェービングしていきましょう。
このような部分は細かな溝があるため、スピーディーに行うとカミソリの刃が肌に食い込んで深い傷を作ってしまうことがあります。

また皮膚も薄いので血が出てしまうことがあり、ムダ毛がなくなってキレイなお肌に傷が目立ってしまうことになります。
ボディソープなどをよく泡立ててすべりを良くした上で、ゆっくりとシェービングしていきましょう。